FC2ブログ

工房瓦版

創作関係の趣味ブログ

吉里吉里ZとonClickOutOfPrimaryLayer.ksは相性悪い

 吉里吉里2で制作中のものを吉里吉里Zに移植して動かすたび、いつも以下の症状に悩まされていました。

 ・文章が表示速度の設定を無視して、常に最後まで一気に表示されてしまう
 ・右クリックの挙動がおかしい(数年前の記事:「~~1回のクリックの中で、「押して」「離す」時の両方で反応している感じがする」)

 これら全て、「onClickOutOfPrimaryLayer.ks」を読み込むのをやめたら直りました。
 ※onClickOutOfPrimaryLayer.ks:フルスクリーンの黒帯部分をクリックしたらプライマリレイヤクリックに変換してテキスト送りができちゃうよプラグイン

 ※しかし、これは一体どういうバグなのか? クリックが一度に二回分処理されてしまってるような感じ?

【吉里吉里】KAGがセーブしてくれない情報

 これまでセーブができる場面を限定していて、その範囲では特にバグはなかったのですが、
 もっとセーブできる場面を広げようとしたら、以下のような仕様によりロードに不都合が生じる
 ことがわかりました。

 ・jumpタグでなく、kag.process()やkag.tagHandlers.next()でラベルに飛んだ場合、
  「|」があっても今の状態はセーブされない。
  →今の状態がセーブされるためには新たに「|」を通過する必要がある。

 ・imageタグを使わずに、operateAffine()等で前景レイヤーを加工したものはセーブできない。


 どちらも当然セーブされるものだと思っていたので悩ましいです。

メンバが存在しませんエラー回避

 個人的によく忘れるので、備忘録として書いておく。

 オブジェクトのメンバが存在しない時に参照しようとするとエラー落ちする。
 そういうケースでは、以下のようにする。

if(typeof(X) != 'undefined'){ }//メンバXが存在する時だけ実行する

セーブ・ロードで落ちる

 KAGのデフォルトのセーブ・ロードをやっている限りは安定している。
 しかし、中断セーブとかリトライデータの保存などで、独自のタイミングでデータ削除したりコピーしたりを裏でやっていると落ちまくる。
 多くは、kag.copyBookMark()で落ちる。try{}で囲っていても落ちる。

 以前もこの点は記事にしたけど、今弄っても相変わらずで、吉里吉里Zに乗り換えるか、機能自体を削除するかで悩むわ。

PS plus フリプ

 https://www.jp.playstation.com/blog/detail/5770/20171004-psplus.html

 今月MGS5だったので、今更ながらプレイ中。
 プレイ動画見ててもストーリー全然知らなかったんだけど、これ暗いなぁ。
前のページ 次のページ