FC2ブログ

工房瓦版

創作関係の趣味ブログ

delayrunとdelaycancelで簡単にスタッフロール等が作れる

 KAGEXのdelayrunとdelaycancelを使うと簡単にエンディングのスタッフロール的なものが作れます。

※delayrunとは
  http://www.biscrat.com/blog/kagex-delayrun-time/
※delaycancelとは
  http://www.biscrat.com/blog/kagex-delaycancel/

;自動で画面に文字を表示し、クリックすると飛ばせる演出
;注意:スタッフを表示する関数(あるいはマクロ等)は適宜自作が必要です。与えられた文字列を画面下からフェードインさせて動かす命令など好きに作れば良いと思います。

;2秒おきに一人ずつ表示し、10秒で演出終了。
[eval exp="スタッフを表示する関数('Aさん')" delayrun="0"]
[eval exp="スタッフを表示する関数('Bさん')" delayrun="2000"]
[eval exp="スタッフを表示する関数('Cさん')" delayrun="4000"]
[eval exp="スタッフを表示する関数('Dさん')" delayrun="6000"]
[eval exp="スタッフを表示する関数('Eさん')" delayrun="8000"]

[wait time=10000 canskip="true"]

[delaycancel]


 ポイントは、一つ一つの文字を表示するたびにwaitタグを挟むのではなく、前もって全て予約してあるので、演出途中で一度クリックすれば以降を全て飛ばせることでしょう。
 なお、演出後にdelaycancelを実行する事で、残りの予約が全てリセットされています(逆に、cancelを実行しなければ、次の画面に進んでも残りのスタッフが表示され続けてしまいます)。

【追記】
 上記のdelaycancelの解説ページで、delaycancelを使う事はまずないとされていますが、個人的には使いどころは山ほどあると思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuonkobo.blog82.fc2.com/tb.php/991-17a34a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ