FC2ブログ

工房瓦版

創作関係の趣味ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGのクリッカブルマップとKAGEXのクリッカブルマップの差異

 制作初期の頃に躓いたネタなので、もう数年前のことで若干うろ覚えなんですが、
 KKDEを使ってKAGEX仕様で作り始めたときに、クリッカブルマップが上手く使えなくて困った事がありました。
 同じ記述でもKKDEのKAG3仕様で作ってみると動作するので「おかしいな」と悩んだ記憶があります。

 原因は簡単。

 KAG3はimageタグで画像を読み込んだときに自動で「_p」が付いている画像や「.ma」の領域定義ファイルを探してくれるが、KAGEXは探してくれないので、クリッカブルマップを使いたかったら、ちゃんとこれらを指定しないといけないよ、ってだけの理由だったかと思います。

 すなわち、KAGEXの場合は

[image storage="map.png" layer=0 page=fore visible=true]
[mapimage storage="map_p.png" layer=0 page=fore]
[mapaction storage="map.ma" layer=0 page=fore]


 というようにして、imageタグの後に、mapimageタグとmapactionタグを実行してやらないといけない。

 これを知らないでKAG3と同じ感覚でやってるといつまで経っても動かなくて、おかしいなぁ、という疑問でムズムズさせられてしまいます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuonkobo.blog82.fc2.com/tb.php/955-77d6e0e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。