FC2ブログ

工房瓦版

創作関係の趣味ブログ

スクエニが著作権法的に面白い事になってきた件

 発端
  産経ニュース「人気漫画に他社のゲームキャラが…ドラクエの「スクエニ」を著作権侵害容疑で捜索 大阪府警」
  http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140806/waf14080602000002-n1.htm

 いやー、創作関係の業界超大手スクエニがこんな大騒ぎを引き起こすとは驚きだわ。

 件のハイスコアガール自体は初期の頃からコミックス全巻集めてましたが、当然全ゲーム会社から許諾を得ているものだと思っていました。

 しかし、実際は今の所、明確に許諾を得ていたとわかっているのは、カプコン・ナムコ・セガだけみたい(参考)。
 コナミはこんなあいまいなこと言っている。個人的には、許諾していたのなら、「うちは許諾してるよ」といいそうに感じるが。

 でまあ、この事件だけど、SNKプレイモアは当然無許諾なんだろうが、実際には他の会社も無視されてた可能性高いわけだよなぁ。「データイーストとか許諾取ってんの?」みたいな。
 現状スクエニ編集部はものすごく杜撰な仕事をしていたんだな~と、みなさざるを得ない。

 というか、なにより驚きなのは、SNKプレイモアが初手から刑事告訴している点だわな。
 SNKプレイモア側が事態を知ったのが去年の夏ごろで、告訴が今年の5月だから、それまでは当然交渉していたわけだ。
 にもかかわらず刑事事件になってしまったということは、それだけスクエニがポカしたってことだよ。使用許諾契約なんてのは普通にやってれば、通常は特に喧嘩も起こらず締結されるものなんだから。スーパーネゴシエーターみたいな交渉術なんかいらない契約類型だ。

 で、刑事事件なわけだけど、まず「なんで東京の警察じゃなくて大阪の警察が動いてるんだ?」という些細な疑問の声が挙がっていたのを見かけたので述べておくと、告訴された先が大阪府警だからだわな。なんで大阪府警に告訴したかといえば、SNKプレイモアが大阪にある会社だからだろう。

 5月に告訴があって、8月に家宅捜索だから、警察側は十分に下調べをやってるという感じがする。「あ~これはスクエニ黒だな」っていう心証が警察側にあって、実際に裁判官を説得できたから捜索差押令状が発布され、現実に強制処分が実施されたという流れだ。

 ※備考:刑事訴訟法上の捜索差押は、強制処分といって、相手方の拒絶を無視して強引に実行される捜査手法(一方、路上での警察の職務質問なんかは相手の同意が必要とされる任意処分にあたる)。これは相手の権利制限の程度が高いので、憲法・法律上裁判官が発布する令状が必要とされている。令状が発布されるには、裁判官が「それほどの強制的な捜査をするのも妥当だ」と思ってくれないといけないので、今回の家宅捜索がされたという事実だけで、相当程度にスクエニが黒いと判断できる。


 個人的には、著作権法の親告罪が主張される刑事事件ってだけでも珍しいのに、その相手がスクエニとなれば、今後の推移にワクワクせざるを得ない。
 スクエニ側は、既にコミックスや電子書籍を全部引き上げる対応をとっているのに、連載継続・アニメ化続行なんて強気というか錯乱したような事言ってるし(正直「お前は一体何を言っているんだ!?」って感じるが)、面白いことになりそうな予感がする。

 あと、「刑事だけで民事はしないの?」って疑問も見たけど、別にそんなことは無いんじゃないの、と思うわ。刑事で先制攻撃してから民事とかよくある訴訟戦略だし。
 刑事の有罪判決が事前に出ていると、民事の判決にも(既判力の拘束力は及ばないが)事実上影響するしな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kuonkobo.blog82.fc2.com/tb.php/887-ea193b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)