工房瓦版

創作関係の趣味ブログ

使いまわせる「意味付加用」のアイコン的素材を作る

 フィールドマップは基本的に一枚絵で描いているのですが、「ここを調べたら何かあるぞ」ってな部分をイラストデザインの中に常に事前に全て盛り込めるわけではありません(デザインの時点からマップギミックを全て考えておけるわけじゃないということ。後からアイデアが浮かんだりすることもあるため)。

 ゲームを作っている間に、「ここで調べらたら何かアイテムが手に入るようにしよう」と思いついたとしても、既に出来ている一枚絵を簡単に修正できるものではありません。絵を描くのは大変なのです。

 そんな場合に備えて、一枚絵の上に後付で特定の意味を付加するアイコン的な素材がたくさんあると便利です。

マップ中の好きな場所を「意味深」にできるキラキラ素材。
screenshot_0_201508252338077b2.jpg

ワールドマップにランダムで小屋を配置したりしたい場合用の建物ドット。
screenshot_3_201508252338088f8.jpg
次のページ

FC2Ad

まとめ