工房瓦版

創作関係の趣味ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAGEXのActionタグ

 レイヤーをちょっと動かしたい、という場合にActionタグが非常に助かる。
 リアルタイムでごちゃごちゃやるわけじゃないから、Timerクラスわざわざ組み立てるほどじゃない場合に重宝しますね。

 でも、KKDEがデフォルトで用意してくれるAction.tjsの「function LayerMoveModule(info, elm, accel)」にある記述間違ってると思うんだよね。

info.addAction("left", MoveAction, %[start:elm.startx, value:elm.x, time:elm.time, delay:elm.delay, accel:accel]);
info.addAction("top", MoveAction, %[start:elm.starty, value:elm.y, time:elm.time, delay:elm.delay, accel:accel]);
 ってなってるけど、これ最後のaccelは「elm.accel」のミスでは?

[action layer="XXXX" module="LayerMoveModule" x="100" y="100" time=1000 accel=-200]
 みたいな記述書いても、elm.accelに修正しておかないと加速度反映されなかったし。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。