FC2ブログ

工房瓦版

創作関係の趣味ブログ

話題の野々村議員

 話題の野々村議員のアレ。長い版を作業用BGMにして聞き流していた。



 これ33分あたりからの大騒ぎの前の所を聴いてて思ったんだけど、百回以上も同じ場所に出張してるのにそのルートを説明もできないってことは、そもそも温泉に行ったとかいうのはカモフラージュで、本当はもっと正直にいえないつまらない使い方をしてたってことなんじゃないのかな?
 だから、全ての質問に本音で答えられないから、会見しょっぱなからしどろもどろの空回りになってるんじゃないの?という印象を受けた。

 例えるなら、親のクレカで課金しまくった子供が、親に使い込みがばれて問いただされて泣き出してる感じ。
 あるいは、昔のインターネット時代に、海外エロサイト踏んじゃって電話代がえらいことになって、親に追及されたけど、素直に答えられずにテンパる子供、みたいな。

 ↓こんな動画もあるようで、元々強心臓で弁が立つタイプではないんだろう。想定外の事象が起こった場合に凄くテンパりやすそう。そんな印象だわ。

東京レイヴンズ 第一話「SHAMAN*CLAN -約束-」



 やっと始まった。最速より10日ぐらい遅いっぽい、が、まあいい。

 あざの作品アニメ化としては、BBBに続いて二作目かな。BBBでは草河遊也の画風が全然アニメで再現されていなくて、アニメ版オーフェンと同じくびみょーんな気持ちになったが、最近のアニメは結構原作イラストの画風尊重がしっかりできているようで良い。

 内容としては、ちょっと説明不足な感があるが、そう引っかかるような進み方ではないと思った。多分原作既読者が気にしてるだけじゃないかな。
 見鬼の才能がないとか、まあ、重要ちゃあ重要だが、「霊気が見えない」っていう意味をちゃんと把握しなくても、春虎が陰陽師の家系なのに才能がないってことだけ伝わってれば支障ないだろう。

 微妙にわかりにくそうなのは、人間の春虎が「式神になる」って約束してたとこらへんかなぁ。陰陽師の従者的なものを全部式神ってよんでる世界観なんだろうと思うんだけど、原作でも最初変な感じしたもんだ。式神って霊力で作り出すアストラルな存在のイメージがあって、あんまり元から生身で存在している人間に対して使う言葉じゃないイメージだったから。

 鈴鹿の最後の爆弾発言は、あれでニコニコ受けした感はあるが、原作のキャライメージ的にはギリギリアウトな気が・・・。大胆な行動するキャラではあるが、あそこまで下品じゃないと思うな。

 あと、OPが格好良い。天馬が走ってる姿は笑えたけどw(さすがレギュラー唯一のモブw)

 しかし、これどこまでやってくれるのかな。すず先輩はまあでるだろうが、多軌子は出ないかもしれないな。
 あざの作品はスロースターターで、序盤貯めに貯めた上でのスパートがハンパない系の作品だから、多軌子出てくるところまでやってくれないと、これからってとこで終わってしまいそうだなぁ。

【追記】
 なんとなくウィキペディア見てみたけど、あれはアカン。隠す気もなくネタバレしまくりやがって、誰だ編集したやつ。台無しだろ、あれは。
 原作未読者は絶対に東京レイヴンズをウィキペディアで検索してはいけません。

ライフゲーム

 ライフゲームというものの存在を知った。
 これ面白いなぁ。



 ルールはシンプルなのに、この多様性。
 パズルゲームとか作る時に、こういうアイデア借りてくると奥深いものが作れそう。

意味のないコマンドつながり

 「存在しても使わない機能があると格好悪い」っていうののわかりやすい例。



 このゆっくりシリーズ大好きなんですが、ゲーム制作視点で見ると色々反面教師的に学ぶべき事も多いなぁと思う。

落ちない動画

 黄色の帽子8番スプリングカエサルに注目


 爆笑ものだわw

 いや~、すごい。結構危ないんだけど、あまりにシュールで耐えられないw

 受験生御用達動画。
前のページ 次のページ