工房瓦版

創作関係の趣味ブログ

地獄少女4期決定記念

 私が一番好きなアニメである『地獄少女』の4期が今年の夏から放送されるそうです。
 3期から5年以上、もう新シリーズなどありえないと思っていましたが、嬉しいかぎりです。

pixiv 虹花の妖精

2016謹賀新年



 やっと更新できた~。

ドット絵の拡大加工

 ドットを打ってから、ちょっと小さかったことに気づき、拡大したくなっても、これは中々難しい作業である。
 拡大すると色がボケたり輪郭が滲んだりするためだ。

 今回は以下の手順で、1の元画像を、そこそこ綺麗な形で拡大することができた(画像4)。

拡大加工_151026

 まず、上記画像は最近描いたゴブリンドットである。

 1が元画像である。
 2がclip studio paintで普通に2倍に拡大したものである。
 3が巷で話題のwaifuで2倍に拡大したものである。
 4が完成形である。

 見てわかるとおり2は肌の色が滲んでおり、色毎の境界が滑らかでない。
 他方、3のwaifuは滑らかな拡大を売りとしているということで、実際、色毎の境界が滑らかである。しかし、こちらはキャラクターの輪郭に白が入っている。

 単純に画像処理したいならば、この3の状態を元に、外側の白い輪郭を全て消しゴムツールで消せばいい。
 しかし、それは少し面倒すぎるので2を使って楽をする。

 すなわち、2をマスク画像として3に適用して、白い部分がなるべく入らないようにする。
 そこからさらに4のサイズに縮小し、あとは少しだけ残った輪郭の汚い部分を消してやれば4の状態にできる。

 ポイントは、waifuのいいところをなるべく残しつつ、手を抜けるところは抜くことである。

Clip Studio Paintで肥大化したファイルのサイズを小さくする

 クリスタは作業を続ければ続けるほどファイルサイズがでかくなり続けます。
 レイヤーを増やしたり、キャンパスサイズを大きくしたり、そういったイラスト作成工程の積み重ねにより、気が付いたら数百MBになっていたりします。

 正直言って重い。

 しかも、厄介なのは、「レイヤーが多すぎるなら減らせば軽くなるのではないか?」と思ってレイヤーを統合してもファイルサイズは変わらないのです。
 同様に、「キャンパスサイズを小さくしたらどうか?」と思って縮小しても変わらない。

 どうやらデフォルトの保存方法では不要なデータを捨てるということをしないらしい。

 そんな場合には上書き保存ではなく、「指定の方式で保存→.lip(最適化)」で保存しましょう。
 常識的に考えて小さくなるはずの状況(レイヤーを減らしたとかキャンパスサイズを小さくした場合)においては、かなり小さくなるはずです。
 注意しないといけないのは、この保存ではファイル名を変えてやらないといけないことです。同じ名前はつかえません。

 なぜデフォルトの保存方法にこの最適化を取り入れていないのか理解できません。捨てた部分の情報を残しておいて何の意味が?
次のページ

FC2Ad

まとめ