FC2ブログ

工房瓦版

創作関係の趣味ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ゲーム作成進捗紹介動画】

 一番上固定の記事です。本来の最新記事は一つ下になります。
 現在作成中のゲームのテストプレイ(2014/02/09時点)の動画。


 以下、その他の関連動画集

続きを読む
スポンサーサイト

液タブ使って描いてみた

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=71071283

先月、液タブのArtisul D16を買ったので練習中です。
もともとのIntuos 3もまだまだ現役だったのですが、メインモニタを4k大画面に買い換えたら、ペンタブとモニタのサイズ比的に物凄く描きづらくなってしまったので、これを機会に液タブデビューすることにしました。

できればwacom行きたかったんですが、あまりにも高いので、台湾のにしました。
重視したのは、充電不要、Adobe RGBカバー率、モニタサイズ16型あたりで、すぐ届くもの。

試した感じ、躊躇い線がペンタブよりもはるかに減りましたね。
cintiq proを試していないので比較できませんが、普通に絵を描くのには十分な機能を備えていると感じました。

煉獄蝶 最終幕の没ネタ

先の記事きっかけで思い出しました。
そういえば煉獄蝶の最終幕で一時期のバージョンだけ入れていて、無効にしたネタがあったなと。

当時ぜんぜん話題にならなかったので、そもそも実際の戦闘中には正常に機能していなかったのかもしれないのですが、スプライトバグを利用した演出を入れていました。
スプライトバグというのは、自分側のキャラの使うアニメが相手側のアニメになるというバグで、勝ち負けに全く影響しないため神キャラ界では完全スルーされていたっぽいのですが、これを演出に使っていました。

具体的には、最終幕で強制死の宣告をせずに論外化した際に、意図的にスプライトバグをやります。
カルマさんは飛び回って攻撃し続けますが、この際、スプライトバグで相手側が食らっているかのように自演するというものでした(相手本体の方は、上から画面を黒く塗りつぶして隠します)。

戦闘は引き分けでも見た目は優勢のように見せる、という小ネタでしたが、結局、ちゃんと作りこむのとかが面倒になって、どこかのバージョンで消したように記憶しています。

今ならちょっとぐらいこういう演出やってるキャラもいるかな?

无限少女

さっき知りました。
アプリの顔になっとる(汗)
細かい話はとりあえず保留します。

最初に浮かんだのは、「これ、ニーズがあるのか!?」って疑問符でしたわ。

180827.jpg

180827b.jpg

【追記:保留した細かい話 2018/8/29 21:45】
とりあえずカルマさんの二次創作的な使用については、問い合わせを受け、本日付で許可しておきました。

広告対策

 広告邪魔なので更新。
 転職決まったので、しばらく手続きやらなにやらで慌ただしいー。
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。