工房瓦版

創作関係の趣味ブログ

【ゲーム作成進捗紹介動画】

 一番上固定の記事です。本来の最新記事は一つ下になります。
 現在作成中のゲームのテストプレイ(2014/02/09時点)の動画。


 以下、その他の関連動画集

続きを読む

新版でカルマさんのエラー落ちを回避する方法

 taginのステコンを削除すればエラー落ちしなくなるらしいです。

 新版で動かしたい場合は、karma_common.cnsからtaginを検索して(1箇所ヒットするはずです)、ステコン全部デリートするなり、「;」で動かなくするなり、nullで潰すなりしていただければと思います
 この改変はご自由になさっていただいてかまいません。

 ※taginを削除する事による影響
 凶悪カラーのタッグ戦時にのみ機能している記述ですので、当該条件において若干殺傷力が下がります。

セーブ・ロード関係は吉里吉里Zの方がちゃんと動作するようである

 当方の制作環境では、吉里吉里(ver 2.30, 2.32)で、restoreBookMark や copyBookMark を何回も繰り返しているとエラー落ちします(同じ操作をするかぎり、ほぼ毎回同じタイミングでエラーが出る)。
 「文字列メモリブロックを確保できません」とか、「モジュール"krkr.eXe"のアドレス XXXXXXXX でアドレス XXXXXXXX に対する書き込み違反がおきました」とかそういうエラーがでます。

 ググッたところ、商業作品でも出る時は出るエラーみたいなので正直お手上げと考えていたのですが、吉里吉里Zで同じ操作を試した所、こちらは全くエラーが出ずに意図した通りのセーブ・ロードの挙動を取ってくれました。

 最終的に、上手い回避策が見つからなかった場合は、吉里吉里Zの方が安定していていいかもしれないですね。

久しぶりに吉里吉里Zで動かしてみた

 前回吉里吉里Zを試してから(記事1記事2)一年ちょっと経つので、今どうなっているかを確かめるために久しぶりに吉里吉里Z(krkrz_20160810)に移植して動かしてみました。
 前回の移植メモのおかげで1時間かからずに動作まで持っていけました。

 手応えとしては、
 ・画像読み込みの早さが早くなってるかどうかは体感ではよくわからなかった。
 ・拡大縮小の速度は上がっている気がする(体感)。
 ・メッセージレイヤーの文字が一度に表示される。
  トランジション直後の一回は普通に一文字ずつ表示されるようだが、それ以降の[p]タグが全部一気表示になっている。
 ・相変わらず右クリックサブルーチンの挙動が異なる。
 ・セーブが遅い。5倍くらい遅い。
  これは、普段制作に使っているver 2.30以外のバージョン(ver 2.32)などでも遅いので、Zに特有というわけではないと思われる。
  というか、なぜver 2.30以外だと遅くなるのか謎。

 総括すると、前回との違いがよくわかりませんでした。
 自分の記述の仕方とか、あるいはPC環境が古いことによって、Zの恩恵を大して受けられていないのだと思いますが、やはりメインで使うという感じではないです。
 古い吉里吉里で作ってみて、最近のPCで動かないとかそういう問題が発生する場合に補助的に考える選択肢という位置づけだと思いました。

敵の配置を実際の画面を見ながら作れるようにした

 これまで敵の配置はテキストベースで作っていました。
 「敵ID○番がマス△番に下向きで・・・」というスクリプトをいちいち手打ちしていたのですが、すこぶるやりにくい。
 実際の画面無しでマス△番って言ってもよくわからない。

 まあ、非効率なのはわかってはいるものの、システム改善するのもまた大変だから放置してきたわけですが・・・。

 最近になって効率の良い修正案が思いついたので、土日かけて、ようやく画面を見ながら敵配置作成できる機能を追加しました。

screenshot_0_20160807222830e6a.jpg

 木とかのオブジェクトの配置もできるようにしたので、かなりフィールドが組み立てやすくなりました。
 作ってよかった。
次のページ

FC2Ad

まとめ